過敏性腸症候群とガスの関係


過敏性腸症候群とガス

学校や仕事場で異常な程おならが出てしまい、悩んでいる方が増えています。

ほとんどの方がストレスによる影響。長く闘病している人も・・・。

授業や会議・バスの混雑時など周りに気づかれやすい環境だから気になるんです。

すると、さらに不安になって症状が悪化。

不登校や退職に追い込まれることもあるんです。

これは過敏性腸症候群(通称IBS)の可能性があります。

原因と現状の対策、私がオススメする克服するための方法をご説明します。


過敏性腸症候群ガス型とは


過敏性腸症候群は、腸の運動を調整する自律神経異常や過度のストレス状態・元来繊細な人や自律神経系が不安定
な人が不規則な生活を続けることなどが引き金となります。
思春期に起こりやすいのもその影響と言われています。

結果、腸の分泌・運動機能の異常で種々の症状が出現します。


ガス型の原因は


①腸の運動が低下し、便秘になることで便が腸内に長く留まりガスが異常発生するんです

②腸内の細菌バランスが崩れることでガスがたまる

③ストレス時に歯を噛みしめることがありますがこれが唾液の出を増やします
それを飲み込んでいくうちに空気も飲み込んでいるためガスがたまりおなら増えるんです

静かな環境でおならを我慢したり、匂いで気づかれるのではないかといった
不安からさらにガスが腸内にたまっておならが増えてしまうこともあるんです。
一度嫌な経験をしたらトラウマになって容易に改善できないんです。


現状のガス型の治療方法は??

腸内の善玉菌を増やす(ビフィズス菌、ヨーグルト)
食物繊維を多く含む食品を避ける
生活習慣改善
体を冷やさない
消臭パンツを使用
ガス抜き
内服(ガスコン→ガスを出しやすくする)
  (ラックビー・ビオフェルミン→整腸剤)
  (デパス→精神安定剤)


私がオススメする過敏性腸症候群(IBS)を克服するメニュー


>下痢改善プログラム 短期集中講座><<

当サイト管理人の私もIBSです。
私は15歳(高校1年生)から自覚し33歳まで辛い思いをしてきました。

私は下痢型だったのですが。医療者でもあったので
排便コントロールをしっかり行うためにアローゼンという便秘の薬を
自己判断で使ってました。これを数回やめてみたのですが、
この時の異常なお腹のはりは忘れられず、ガスが蓄積していたんだと思います。

つまりまずは便秘の改善。そして、腸内細菌バランスの正常化。さらに
IBSによる悲惨な体験による不安への精神的な克服。

この全てが必要なんです。消化器内科や心療内科の医師からもらう薬は
症状の緩和が目的で根本的治療とはいきません。
また、実際に薬でこの病気を克服した人のサイトをみたことがありません。

IBSでお困りの皆さん、もう辛い生活を送るのはやめましょう。
もっと幸せになっていいんです。もっとやりたいことをやって欲しいんです。

私が使用したこのプログラムを使ってみて下さい。

有料ではありますが、病院受診する費用・薬代
学校や仕事・プライベートのことを考えると高いはずはないです。

このプログラム実際に悩み・解決してきた私達の先輩が作ったもの。

長い年月をかけて自分なりのコツを掴むこともいいでしょうが、
もっと近道していいんです。 幸せな時間を長く過ごしましょう。

1日20分、1ヶ月を目標とした短期集中講座!!自然派療法です。

>下痢改善プログラム 短期集中講座><<

1日28円。使用者97%が伸びたまつ毛育毛剤・美容液ベストセレクト

2015年現在、多くのまつ毛美容方法から厳選された
本当に伸びるまつ毛育毛方法とは・・

ルミガンビフォー・アフター

※施行前後の比較写真・動画の紹介もあります。

コメントを残す