過敏性腸症候群と薬


過敏性腸症候群と薬

下痢や便秘を繰り返し毎日をトイレ中心に過ごしている皆さんへ。

ストレスや緊張を感じると急におなかが痛くなる、下痢になる・・・。

日本では5~10人にひとりがこの病気、通称「IBS」で悩んでいるんです。

ストレスフルな先進国。これが原因。世界が注目の病気なんです。

薬でコントロールするだけではこの病気を克服したとは言えません。

私が効果を実感できている方法で皆さんの悩みも解決したい!!

もう、不安・緊張から開放され、我慢して生きる生活とはさよならしていいんです。

1日20分 1ヶ月間で効果を産む解消法

>下痢改善プログラム 短期集中講座><<

私の戦い


私は学生時代から授業中にトイレに行きたくなるかもしれない
といった不安や緊張から下痢しやすくなっていきました。

大学生時代の多忙からストレスがさらにたまり下痢の症状がさらに強くなってきました。

以後、徐々に症状が悪化していましたが、学生生活を終えるとストレスが減ったのか
少しずつ改善してきました。

しかし入職後、仕事や人間関係で今までにないくらい腹部症状が強くなりました。

仕事に行くのはなんとか頑張れますが、旅行にいったり・映画観たりといった楽しみは
全てこの症状のために諦めていました。怖くてそんなチャレンジできなくなってました。

もう、自分でコントロール出来ないと思い、以前の勤務先の医師に相談し
心療内科の先生に診てもらいました。私はいわゆる下痢型でした。

私の処方薬


ツムラ14番半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)
 胃腸の働きをよくして、不安や緊張からくる食欲不振や胃もたれ、吐き気や嘔吐、お腹のゴロゴロ、下痢などを治します。

コロネル(アステラス製薬)
 過敏性腸症候群の治療薬。過敏性腸症候群における便通異常(下痢、便秘)や消化器症状の治療に使用されます。
 消化管内容物の輸送を調節し、下痢を抑え、便秘を改善します。

デパス(エチゾラム)
 不安や緊張感をやわらげ、気持ちを落ち着かせます。いわゆる精神安定剤です。
 外出時等のトイレにすぐに行けない状態がわかっている時に服用し緊張をほぐすことで症状の出現を抑える。

☆今話題のイリボーについて
消化管運動亢進を助長するセロトニン(IBS原因の真犯人と言われている)の伝達経路を遮断することで、
大腸輸送能亢進あるいは大腸水分輸送異常にもとづく排便亢進や下痢症状を改善します。
また、大腸痛覚伝達を抑制して、知覚過敏や腹痛をやわらげます。

女性の場合効果不十分で副作用も出やすいため使用できない現状です。

私の1ヶ月の医療費


診察と処方(薬代)合わせて5000円程度でした。

その他の行った治療法


・食事療法:食べてみて下痢しやすかった食品・香辛料や冷たい飲食物、
      脂っこいものなどを避けました。
・運動療法:軽い散歩程度は時々しました。

薬使用後の状態


薬を上手く使うことで、仕事以外でも外出できるようになってきました。
とはいっても完全に事前に計画されたスケジュールに添って薬を使うため
予定外の外出は出来ませんでした。
また。デパスで外出中の眠気もあり油断すると寝ちゃっていました。

何度も夢見た楽しい生活は送ることは出来なかったんです。

ずっとこの症状に悩まされ、夢見ていた海外旅行や家族や友人との外食などを我慢
していくことはこれからの生活、なんの楽しみも感じていませんでした。

もっと自分らしく、楽しく生きてきたい。そう思ってインターネットに掲載されていた
記事を見つけました。それが今回オススメするプログラムなんです。

1日20分間 1ヶ月間という短い期間で効果を産みます。薬を使うのではなく

あくまで同じ病気を持った体験者の知恵・体験から出来た自然療法なんです。

私のこれまでの1ヶ月間の費用は5000円。薬でなんとかコントロール。

このプログラムは9800円。

皆さん、これからは自由に生きていいんです。
一人で悩まず一緒に克服していきましょう!!

>下痢改善プログラム 短期集中講座><<

1日28円。使用者97%が伸びたまつ毛育毛剤・美容液ベストセレクト

2015年現在、多くのまつ毛美容方法から厳選された
本当に伸びるまつ毛育毛方法とは・・

ルミガンビフォー・アフター

※施行前後の比較写真・動画の紹介もあります。

コメントを残す