副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)の副作用は危険


副腎皮質ホルモンの副作用は危険

え、ステロイドって個人輸入できるの?

色んな病気に効果を示す副腎質ホルモン剤(ステロイド)。

この薬はその効果の幅広さから魔法の薬と言われています。

しかし、過度に服用し過ぎるととても危険な薬であることを

理解する必要があります。


ステロイドの危険性がわかる動画



副腎皮質ホルモンが使用されている病気


一般的に治療で用いられるステロイドとは副腎質ホルモンの中の糖質コルチコイド(コルチゾール)
を科学的に合成したものです。

作用から見ると
・抗炎症作用を利用する(アレルギー疾患など)
・免疫抑制作用を利用する(膠原病など)
・ホルモン不足による病気に対して補充することで治療する(アジソン病など)

病気から見ると
内分泌系
急性副腎不全、慢性副腎不全(アジソン病)、副腎皮質過形成

呼吸器系
クループ、特発性間質性肺炎、

腎臓系
ネフローゼ症候群、ループス腎炎、IgA腎症、紫斑病性腎炎

消化器系
潰瘍性大腸炎、クローン病、自己免疫性肝炎、

血液系
特発性血小板減少性紫斑病、自己免疫性溶血性貧血、再生不良性貧血、悪性腫瘍

神経・筋系
ギラン・バレー症候群、脳炎・脳症、脳浮腫、重症筋無力症、多発性硬化症、脊髄炎、

膠原病
全身性エリテマトーデス、若年性関節リュウマチ、皮膚筋炎

アレルギー系
アナフィラキシーショック、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、


副腎皮質ホルモンの作用から見る副作用


ステロイド剤はその種々の効果が著明に反応しやすい反面、標的以外のも効果を与えるために起こり得る。
また、長期的に使用するケースが多いことも大きな原因である。

1.糖代謝に対する作用

肝臓が糖新生(アミノ酸からブドウ糖を作る過程)を行う働きを活発化
させるため糖が増加、
かつ他の器官での糖利用を抑制するため余計に体の中の糖分が増加する。

血糖値が上昇、糖尿病の危険性

2.脂肪の代謝に対する作用

血液中のコレステロールや中性脂肪値を上昇させる
脂肪組織に作用して手足など体の先端部分の脂肪分解を促進するが
体の中心(背中・頸部・顔)は脂肪合成が上昇する

中心性肥満、満月様顔貌

3.たんぱく代謝に対する作用

定タンパク質の分解が増し皮膚が正常に再生されなくなる
タンパク質の分解が増しどんどん利用されることでアミノ酸が増える
肝臓以外でのアミノ酸の利用を抑制するためさらにアミノ酸が増える
このアミノ酸は1の糖代謝により糖がさらに増える

血糖上昇・糖尿病をさらに助長、皮膚が薄くなる

4.電解質作用

ステロイドは血液中のナトリウムを増加させカリウムを減少させる
ナトリウムが増えると体内がバランスを保つために水分も体の中に残りやすくなる
血液量が自動的に増えるため血圧があがる
カリウムが減ると筋肉が正常に収縮できなくなったり心電図異常が出ることがある

浮腫、高血圧、脱力感、心電図異常

5.筋肉の代謝による作用

筋肉は横紋筋と平滑筋に分かれる。
肝臓で糖を作るために筋肉組織のタンパク質を利用する。

筋力低下、横紋筋融解症、糖を作るのを助けるという意味では血糖上昇・糖尿病のリスク

6.中枢作用

脳内の細胞に働いて、レム睡眠を短くする。
レム睡眠では大脳皮質の眠りが浅くなる。
感情や行動に影響を与える

睡眠障害、多弁・活発生の上昇

7.免疫抑制作用

免疫機能とは、自分の体と同じ成分かどうかを識別し自分の成分ではないと判断した場合
それを異物として分解・処理し害がないように務める。
免疫は白血球中でもリンパ球が主役。
この働きが異常に起こり過剰反応したものがアレルギー反応。
免疫の識別能力が狂って自分の成分を異物と勘違いしたものが自己免疫疾患。
この免疫機能の異常を抑制することで治療効果がある

正常な免疫機能も抑制するため感染症に容易になりやすくなる

8.抗炎症作用

炎症は感染など体のある部分に危険がせまった時に、
一刻もはやく治そうと対抗している生体防御反応の一つ。
この炎症が強すぎることによる種々の状態(発赤・腫脹・発熱・疼痛・機能障害)
を改善させるために使用する。具体的には炎症にいち早く反応する白血球の働き
を抑えたり血管の透過性を抑える。

浮腫、炎症を抑える生体防御反応を低下させる

9.副腎機能抑制作用

副腎皮質ホルモンを作り出す機能は薬剤として
投与されると自ら産生を抑制する

副腎皮質機能不全

10.骨に関する作用

骨の細胞の寿命を短縮させたり、機能を抑制するためコツ形成能が低下する
また腸管からのカルシウム吸収も抑制しカルシウムの量が低下したり、
尿中に排泄が促進されたりする

骨粗鬆症

11.胃酸増加作用

胃酸の分泌がされやすくなる反面、胃粘膜の防御能力が低下し、
粘膜が傷ついた場合でも再生能力が低下する。

消化性潰瘍

このように魔法の薬と言われているだけあり、多くの効果を持つ反面、副作用も多い。
私は実際に1年以上継続していた症例で、多臓器感染症や皮膚状態の著明な変化等認めた
患者さんを目の当たりにしてきました。
必要な場合もあるが長期的に使用することの怖さは絶対に忘れられません。

ステロイド剤は急な中止が臓器に影響を与えます。
必ず医療機関の受診をオススメします。

1日28円。使用者97%が伸びたまつ毛育毛剤・美容液ベストセレクト

2015年現在、多くのまつ毛美容方法から厳選された
本当に伸びるまつ毛育毛方法とは・・

ルミガンビフォー・アフター

※施行前後の比較写真・動画の紹介もあります。

コメントを残す