フィナバルドの効果をエフペシアやフィナロと比較


男性型脱毛症(AGA)治療薬といえば世界60ヶ国以上で承認されている、「プロペシア」。
日本で唯一販売が許可されており、
米メルク社の日本法人である、MSD社(旧万有製薬)から製造・発売されています。

すでに効果も実証され、ユーザーのコメントや感想も上々です。

このジェネリック品として登場したのが、まずは「エフペシア」。
その後、「フィナロ」・「エフペシア」・「フィナバルド」と続けて登場しました。

どれも有効成分であるフィナステリド1mg含有です。

また発ガン性リスクが懸念されているキノリンイエローに関しては
「フィナロ」・「エフペシア」・「フィナバルド」には含まれていません。
副作用もほとんどありません。価格比較や評判からみてもおすすめです。
同剤は脱毛予防効果が主体です。

日本ではクリニックでも処方できないわけですが、通販最安値でオオサカ堂から購入できます。

エフペシア・フィナロ・フィナバルド。どれを購入した方がいいのか?徹底比較。
 

① 効果:


3剤共に有効成分フィナステリド1mgを含有しています。
これは紛れもない事実であり、本物を購入することができれば、
確実にプロペシアと同等の効果が期待できます。

つまり、効果の差はないということです!!

医療現場では、特に国立病院では医薬品は正規品を使用しています。もちろん、個人輸入の商品があるわけがありません。
例えば、ジェネリック品を服用していた人が入院して、持参の薬が無くなった場合、正規品を使用しますよね。
そこで効果や副作用に変化があったケースはみたことがありません。
もちろん、有効成分の量(ここでいえばフィナステリド1mg)が同じであることが重要ですが。


② 価格


これは製薬会社も違いますし、金額差があります。業界最安値で表示しているオオサカ堂で比較します。

         


③ 信頼性


[table “2” not found /]

エフペシアに関しては
2010年に販売されたフィンペシアを売りだしたシプラ社であり、キノリンイエローを
含有すると日本人が購入しないため含有させず販売したようなものです。

この結果からすると、

信頼度は1.エフペシア2.フィナロ3.フィナバルドではないかと思います。


④ ①~③のまとめ


非常にまとめにくいのですが簡単にするとこうなると思います。

☆プロペシアは高くて買えないがジェネリック品である程度信頼がおける商品が良い
 エフペシア、フィナロ

☆効果が同じならできる限り安い商品が良い。
 フィナバルド

数時間かけて色んな側面から調査し、まとめて見ました。

フィナバルドは一番最後に販売されているため、価格を調整できたため最安値となったと思います。
そのかわり、時間がたっていないことが、薬剤の副作用等の信頼度をわずかに下げてしまっています。

3つの商品とも購入者レビューはあり、発売からこれまでの期間で大きな問題となる出来事は起きていません。
なので安心して服用できるかとは思いますが、これから先もチェックしていく必要がありますね。

>>プロペシアについてはこちらから<<

>>エフペシアについてはこちら<<

>>フィナロについてはこちら<<

>>フィナバルドについてはこちら<<

1日28円。使用者97%が伸びたまつ毛育毛剤・美容液ベストセレクト

2015年現在、多くのまつ毛美容方法から厳選された
本当に伸びるまつ毛育毛方法とは・・

ルミガンビフォー・アフター

※施行前後の比較写真・動画の紹介もあります。

コメントを残す