解熱鎮痛剤強さ比較まとめランキング


解熱鎮痛剤強さランキング
たくさんある痛み止めや解熱剤。
その中で安全に使用できる・効果も期待できるという観点から
プロが厳選したすぐに使えるまとめランキング

その答えとは・・・。

痛み止めは・・
最近は薬局で手に入るようになりました。
でも、どれがいいのか迷いますね。

薬剤師さんもいますが、まぁロキソニンSと胃薬の
セット購入をススメるでしょう。

もし、インターネットで同じ成分の薬剤
ジェネリック品等の正規品
安全により安く

送料無料で購入できればどうでしょう?

もし、実際にすでに購入している人がいて購入レビューがあったら安心できませんか?
ついでにまとめて別商品も購入でき、ポイントも貯まるならさらにお得じゃないですか?

使用期限も、通常の保存ができれば3年間(36ヶ月)ですので長いスパンで使用できます

でもその前に
忘れてはいけないのは痛みがずっと続くということは
何かしら原因があるということです。
例えば、歯痛であれば、齲歯の治療をしないと根本的に治らない。
    生理痛であれば、生理が終われば痛みが止む。

痛みが続き原因がわからない場合は、病院・クリニックを受診して下さい。

年齢的な側面が強い慢性的(ずっと続いている)関節痛・腰痛等はここでオススメしていない
セレコックスがいいと思いますし定期的な整形外科受診の必要があります。

あくまでも一時的・時々使うものだと認識しておいて下さい。

もちろん、購入で迷い確認したいことがありましら遠慮無くメール下さい。

使用した結果や医療現場での現状を踏まえてのまとめ


 ]安全性第1位 解熱・鎮痛剤

カロナール200mg
カロナール200mg
残念ながら、オオサカ堂に同一・類似商品がございません・・・。

市販で購入されるなら同様の成分でタイレノール(ジョンソン&ジョンソン)があります。
小児(体重で服用量が違うため病院受診が安全)
妊婦・授乳中の方。
腎機能・肝機異常がある方。
喘息の既往がある方。


 トータルバランス・使用率1位 解熱・鎮痛剤

ロキソニン60mg

鎮痛効果・副作用の少なさから使われやすさNO.1。
使用頻度が増す場合は下記の胃薬と同時服用がオススメ。
基本的に空腹時を避け、3回/日まで。最大4回/日。最低6時間は間隔をあけること。


 鎮痛効果1位

ボルタレン25mg

鎮痛効果はロキソニンよりも強く、飲み薬では痛みも質にもよるがNO.1。
胃腸障害が出現しやすいのがネックなので下記胃薬を同時服用すると安心。

フェナック

ボルタレンのジェネリックでフェナックがあります。
しかし、鎮痛の薬剤成分が4倍ですので鎮痛効果はさらに期待できますが、
それだけ胃腸障害のリスクも高いですので安易にオススメできません。
体重が100kg等の方はこちらしか鎮痛効果はないかもしれません。


副作用の胃腸障害予防薬 第1位

ムコスタ

鎮痛剤は痛みをとる作用と同時に胃粘膜を保護する作用を阻害します。
鎮痛効果が高いほど症状が出現しやすいので心配な方は使用して下さい。
特にムコスタの飲むことでの大きな副作用はありません。

参考になりましたか?
是非購入を検討されてみて下さい。ありがとうございました(^^)

1日28円。使用者97%が伸びたまつ毛育毛剤・美容液ベストセレクト

2015年現在、多くのまつ毛美容方法から厳選された
本当に伸びるまつ毛育毛方法とは・・

ルミガンビフォー・アフター

※施行前後の比較写真・動画の紹介もあります。

2件のコメント

  • れん

    わかりやすくて助かりました。
    やっぱり基本はロキソニンですね^ ^

  • Justin

    れんさん、メールありがとうございます。参考になっているのであれば嬉しいです。何も使用しなくて良いのがもちろん一番ですが、状況によって的確に対応できる知識が大事になってきますよね。また、参考になる記事がかけるように努力しますね。

コメントを残す